在学生の方へ > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【市ヶ谷】チーム・オレンジ×学食コラボ企画「~お昼ご飯、東北へ出掛けませんか?~」開催中!

【市ヶ谷】チーム・オレンジ×学食コラボ企画「~お昼ご飯、東北へ出掛けませんか?~」開催中!

2014年05月16日

市ケ谷ボランティアセンター学生団体「チーム・オレンジ」メンバーの発案で、5月12日(月)~30日(金)まで(各日とも15時まで)の3週に渡り、ボアソナードタワー地下1階フォレストガーデンにて、「お昼ご飯、東北へ出掛けませんか?」と銘打ち、週替わりで東北3県にちなんだメニューを提供しています。

東日本大震災から3年が経った今、学生の中でも震災の記憶が風化しつつあるのではないかと感じ、法大生に対してできる風化防止策を検討したところ、学生に身近な学食と連携して東北にちなんだ料理を提供し、震災についてもう一度考えるきっかけを作ってはどうかというアイディアが出されました。

チーム・オレンジからの提案に対して、学食の委託事業者である(株)東京ケータリング様に企画の趣旨にご賛同いただき、全面的な協力を得て実現に至りました。事前にメンバーの試食等を経て決定したメニューのラインナップは、5月12日(月)~16日(金)が「喜多方ラーメン(福島県)400円」、19日(月)~23日(金)が「牛すじ丼(岩手県)400円」、26日(月)~30日(金)が「わかめうどん(宮城県)300円」で、東北の食材も一部使用しています。

期間中、フォレストガーデン内には、各県の現状や観光スポットの紹介、3月に実施したスタディーツアーを含めたチーム・オレンジの活動紹介、さらに防災知識についての模造紙等を掲示しています。今回の企画責任者である辻道大瑛さん(人間環境学部2年)は、
「普段の生活では、東日本大震災や東北について考える機会はあまり多くないと思いますが、学食で東北ゆかりの料理を食べて、展示で現在の東北や観光地などの情報を見てもらうことで、改めて東日本大震災について考え、東北の魅力を知るきっかけになってほしいと思います」と話してくれました。

また、同会場にて、任意でアンケートの記入をお願いしています。法大生が東日本大震災や今後首都圏でも起こると言われている大震災に対してどう考えているか等を調査することで、今後のチーム・オレンジの活動に活かしたいと考えています。アンケートの回答者の中から抽選で5名の方に「かもめの玉子」など東北のお土産をプレゼントします。当選者にはTwitterで連絡をする予定です。この機会にぜひ、フォレストガーデンに足を運んでみてください。

12

                  週替わりで提供します                       券売機には専用のボタンも

34

             1週目は喜多方ラーメンでした            各テーブルに置かれた手作りの広告

56

             アンケートご協力ください                        展示もしています!