実施報告 > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【市ヶ谷】「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座 2019年度 1回目(東京都)を実施しました(6/1)

【市ヶ谷】「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座
(2019年度 1回目)を実施しました(6/1)

2019年07月05日

市ケ谷ボランティアセンターは東京都と共同で、6月1日に「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座を実施しました。

この講座は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、外国人観光客等が安心して東京に滞在できる環境を整えるため、実施しており、今回は本学で7回目の実施となります。

今回は、市ヶ谷・小金井キャンパスから52名の学生が参加しました。

 
毎回、キャンセル待ちが出るほど人気の講座で、52名の参加者は、活発なRole-Playで英語力アップと外国人へのおもてなしの基礎知識を学びました。最後は「おもてなし5か条」を参加者全員で考えました。講座終了後に登録証とバッジが配布され、法政大学から52名の「外国人おもてなし語学ボランティア」を輩出することができました。

ボランティアセンターでは今後もこのような講座を実施していきます。

 

 おもてなし5か条

 1. 相手を受け入れる

 2.さりげなく相手の求めること+α(プラスアルファ)のおもてなし

 3.多文化の尊重

 4.無理しすぎない

 5.笑顔

 

<参加学生の感想>

英語が上手く話せなくても、自分にできることはたくさんあることが分かりました。世界中の人々とコミュニケーションをとり、お手伝いができたら良いです。May I help you ? をたくさん使いたいです!

                          国際文化学部国際文化学科2年 伊東 菜々子

 

グループワークがたくさん行われたので、周りの人とコミュニケーションができて楽しかったです。

「おもてなし」ってひと言では具体的なことはあまり分からなかったけれど、今回「相手を思う+αのことをすること」を1つの意味にとらえることができたので次は行動につなげたいです。

                                文学部英文学科2年 加藤 萌子

 

実践的にワークがやれてこれからとてもためになると思いました。大学でこのような機会があって、色々な人とペアが組めて良かったです。実践的なワークができたので、これからとてもためになると思います。

                   キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科1年 池田 千紗              

 

    

楽しく分かりやすい講師の説明を聞く

グループワークを通じて会話に挑戦!

参加者全員で考えた「おもてなし5か条」

講義終了後、全員で集合写真