実施報告 > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【多摩】八木重吉記念館で、第5回清掃ボランティアを行いました(12/14)

【多摩】八木重吉記念館で、第5回清掃ボランティアを行いました(12/14)

2018年12月17日

12月14日(金)、多摩キャンパスから徒歩10分ほどの場所にある、相原町ゆかりの詩人・八木重吉さんの生家「八木重吉記念館」にて、本年度5回目の清掃活動を行いました。

今回は学生4名が、記念館周辺のゴミ拾い、落ち葉や雑草の除去を行いました。
いよいよ冬本番も近づき、厳しい寒さの中での作業となりましたが、学生たちは澄み切った空のもと、大量の落ち葉を一生懸命に片付けていました。

最後には八木重吉さんご一家のお墓に合掌。 

八木家の皆様、ご協力ありがとうございました。

今年度の同記念館清掃ボランティアはこれで最終となりますが、来年度も同様の実施を予定しています。
引き続きHPなどでご紹介していきますので、どうぞご覧ください。

 

【参加学生の感想】

「このボランティアに参加して、相原に八木重吉という詩人がいたことを知りました。こんな近くに記念館があるとは知らなかったので新たな発見でした。お墓がきれいになると心もすがすがしい気分になるので参加して良かったです。」(現代福祉学部1年 小野汐梨)

「空いている時間に清掃のお手伝いが出来て嬉しかったです。ぜひまた参加させていただきたいと思いました! 気軽に参加できるボランティア活動はとてもありがたいです。」(現代福祉学部1年 安藤千沙)

「友人に教えてもらって一緒に参加させていただきました。身一つで気軽に参加できるのがすごく良かったです。お墓もきれいになってすっきりしました!」(現代福祉学部1年 佐藤史奈)

「ボランティアにも様々なものがあることを実感でき、よい機会になりました。」(現代福祉学部1年 松井宏樹)

 

1
2