実施報告 > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【市ヶ谷】<千代田区キャンパスコンソーシアム協力プログラム>チーム・オレンジが千代田区主催のイベント「みらいの防災リーダー養成講座」に参加しました(9/2)

【市ヶ谷】<千代田区キャンパスコンソーシアム協力プログラム>
チーム・オレンジが千代田区主催のイベント
「みらいの防災リーダー養成講座」に参加しました(9/2)

2018年09月05日

9月2日(日)にボランティアセンター学生スタッフ(チーム・オレンジ)が千代田区主催のイベント「みらいの防災リーダー養成講座」に参加し、防災クイズカルタを紹介しました。

千代田区キャンパスコンソ協力プログラム

https://www.hosei.ac.jp/NEWS/newsrelease/180328.html

 

このイベントは、千代田区が、ダンボールベットの組み立て、地震体験車による地震体験、訓練用消火器による消火訓練などの体験を通して、将来に役立つ防災に関する知識を身につけることを目的とし、今年初めて実施されました。

本学のチーム・オレンジの学生と千代田区キャンパスコンソーシアム協定大学の共立女子大学の学生が協力して、防災クイズカルタを紹介、実際にクイズカルタを行いました。

この養成講座には、小学生1年~4年の生徒16名のほか、保護者の方も14名参加し、生徒と一緒に保護者の方も、参加していただきました。

防災クイズカルタは、身近な問題から、保護者の方でも難しい問題もありますが、言葉ではなく、絵が描かれていることから、低学年の生徒も十分に、楽しみながら防災教育に触れていただき、短い時間でしたが、閉会時には、「カルタが楽しかった。」などの声をいただきました。

 

<参加学生の感想>

千代田区主催みらいの防災リーダー養成講座で、私達が作成した防災クイズカルタを千代田区民の子どもたちと保護者に遊んでもらいました。

参加者は答えの分からない問題を必死になって考え、私達の答えと解説に驚き、楽しんでいただけました。今回のゲームが防災について考えるきっかけになればと思います。

また、臨機応変に対応してくださった千代田区職員の方々にとても感謝しています。

 

 

 

                             

             

養成講座開会式の様子

学生が読み手となる

学生も加わりヒントを出す

難問のカルタにチャレンジする保護者