実施報告 > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【多摩】八王子まつり山車曳きに参加しました(8/3-4)

【多摩】八王子まつり山車曳きに参加しました(8/3-4)

2019年08月27日

8/3(土)・8/4(日)に八王子まつりが開催され、ボランティアセンター学生スタッフから1名が山車曳きの体験ボランティアに参加しました。

 

今年も猛暑の中での開催となりましたが、留学生や地元の方々と一緒に交流を行い、貴重な体験をする事ができました。

 

今年も19台の山車が、甲州街道(国道20号線)を練り歩き、関東屈指”とまで言われるほどとても豪華な装飾で、地元の方々の山車への想いは熱く、山車曳きを通してその事を知る事ができました。

  

このボランティアは、大学コンソーシアム八王子が企画し、江戸時代を起源とする八王子まつりの理解と市民との交流を目的としています。

毎年、この時期の開催となりますので、ご興味のある方は是非来年ご参加ください。

  

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

【参加学生感想】

「とても暑い中でのお手伝いでしたが、一緒に山車を引っ張った方々に励まされ、頑張る事が出来ました。留学生の方とも、大学の話などが出来て楽しかったです。お祭りの山車を引くのを見た事はありますが、実際に引くのは初めてでした。見ているよりずっと力強く、たいへん疲れる事で、でもそこに携わり、祭りを引っ張る方々の力強さがそれに勝っていたため、自分も最後まで頑張る事が出来ました。今度は自分の地元の祭りにも参加し、お神輿担ぎなどに参加し、祭りを知ってみたいです。」(社会学部1年   山中 一智也)

 

 

1
2