実施報告 > ニュース > 法政大学ボランティアセンター > 【市ヶ谷】「くまモン×えこぴょんコラボグッズ今年も作りました!東北・熊本物産展」を開催しました

【市ヶ谷】「くまモン×えこぴょんコラボグッズ今年も作りました!
東北・熊本物産展」を開催しました(プレ販売7/4・5・6)

2018年07月26日

ボランティアセンター学生スタッフチーム・オレンジが、7月5日(木)・6(金)に一口坂校舎1階情報発信スペースで「くまモン×えこぴょんコラボグッズ今年も作りました!東北・熊本物産展」を開催しました。

 
東日本大震災の復興支援に取り組んでいるチーム・オレンジは、東北・熊本物産展を実施しました。この企画は、学生ができるボランティアとして震災の風化を防ぐために、4年前から行われてきました。2016年4月の熊本地震を受け、東北の商品のみならず熊本の商品もそろえて、岩手県の有名な銘菓「かもめの玉子」や熊本城の空に映える満月をイメージしたミルク餡まんじゅうの「新月下の熊本城」など学生が選んだ東京ではなかなか買えない商品を販売しました。

 また昨年度の物産展でも販売し好評だった本学の公式キャラクター「えこぴょん」と熊本県のPRキャラクター「くまモン」とのコラボグッズを今年もボラティアセンター学生スタッフVSPに作製を依頼し、販売しました。

http://www.hosei.ac.jp/volunteer/NEWS/zaigaku/180621_01.html

 

7月4日には、ボアソナードタワーのフォレストガーデンで物産展をPRするため、プレ販売を行いました。
多くの学生がその場で商品を手に取って買い、興味を持ってくれました。また、物産展当日は、笹の飾りを作るワークショップと、チーム・オレンジが開発し、毎日新聞等に掲載された「防災クイズカルタ」の展示をし、

https://www.facebook.com/%20HoseiUniversity/posts/%201506787342784251

 

えこぴょんと協力しながら一口坂校舎の前ではっぴを着て、積極的な呼び込みを行いました。

324名の方に来場していただき、売上額は、228,790円に達し、利益の11,710円はすべて、熊本、岩手、宮城、福島の義援金口座に寄付いたしました。

東京でできる被災地支援や、震災の風化防止に関する取り組みを、市ヶ谷ボランティアセンターは今後も続けていきます。

 

―――――

来客者数 :324名

売上額 :228,790円

利益  :11,710円

(熊本、岩手、宮城、福島の義援金口座に全額寄付)

 

協力  :株式会社エイチ・ユー

    

ALT

フォレストガーデンで行ったプレ販売の様子

ALT

学生たちがセレクトした商品を販売しました

ALT

今回の物産展のために作製したくまモン×えこぴょんコラボグッズ(ランチバックとマグカップ)

ALT

えこぴょんも物産展のお手伝いをしにきてくれました

店頭で冷えたさるなしジュースと桃の恵みを販売

ALT

防災クイズカルタを来場者に説明する学生