トップ<出版物<ディスカッション・ペーパー No.14 <目次

ディスカッション・ペーパー 14

年齢別・築年数別居住者数の標準化データからみた住宅事情と人口動向

――
2017.10.05刊行

目 次

   はじめに
  1. 研究の背景と目的
    1. 人口減少社会の到来
    2. 人口変動が日常生活に与える影響を客観的に把握する必要性
  2. 年齢別・築年数別居住者数クロス集計表(「基礎表」)の構成とその特徴
    1. 基礎表の構成
    2. 基礎表の各セル値が持つバイアス等
  3. 居住者数の標準化
    1. 標準化の方法
    2. 居住特化係数の意味づけ
  4. 居住特化係数の算出結果と居住特化係数マトリックス
    1. 居住特化係数の算出結果
    2. 居住特化係数マトリックス
  5. 居住特化係数マトリックスに見られる居住行動の諸特徴
    1. 居住特化係数の強弱と安定度
    2. 年齢80才以下、築65年目より新しい領域の観察
  6. むすび
    1. 政策的含意 Evidence Based Policy
    2. 今後の課題について
  
  【参考文献】

  

長谷川 普一 論文PDF

トップ<出版物<ディスカッション・ペーパー No.14<目次
 
Copyright (c) Hosei University All rights reserved