学術研究・高等教育のための公的統計ミクロデータ利用

匿名データについて

匿名データとは

匿名データとは、行政機関等が行う統計調査によって集められた調査票情報を、特定の個人又は法人その他の団体の識別(他の情報との照合による識別を含む) ができないように加工したものをいいます。

本制度の趣旨、法的根拠

統計データの利用促進を図るため、平成21年4月から全面施行された統計法(平成19年法律第53号。以下「統計法」という) 第36条により、統計調査を実施する行政機関等が作成した匿名データを、学術研究及び高等教育の発展に資すると認める場合に、一般からの求めに応じて提供することができることになりました。 法政大学は、統計法第37条に基づき、上記提供事務の委託を受けた独立行政法人統計センターと連携協力協定を結び、学術研究を行う研究者、学術研究を目的とする機関、高等教育機関で教育を行う教員などを対象に、匿名データを提供することになりました。なお、統計法の詳細については、統計局ホームページをご覧ください。