産学連携メニュー

受託研究

民間企業、国、地方公共団体等の学外機関より委託された研究テーマについて、本学の研究者が研究を行います。

1.手続きの流れ

お申し込み あらかじめ本学の研究者と研究計画、期間、研究費等について十分協議していただいた上で、委託者は「受託・共同研究申込書」と契約書等(案)を研究(代表)者または担当事務局に提出してください。
研究担当者が未定の場合はリエゾンオフィスまでご相談ください。研究内容に合わせ最適な研究者をご紹介させていただきます。
学内手続 本学の研究(代表)者は、「受託研究申請書」(受託共同様式1)に記入し、所属長の承認を得た上で「受託・共同研究申込書」と契約書等(案)を添付し担当事務局に提出します。その後、受入の決定に係る事務手続きを行います。
 
契約締結 担当事務局は委託者と契約書等を締結致します。契約書等締結後、それに基づき請求書を発行し委託者に送付致します。
 
研究費振込 契約書、請求書に基づき、研究費をお振込みいただきます。研究費のうち10%に相当する額を間接経費(管理費)として徴収させていただきます。
 
研究実施 契約締結後、研究の実施に伴う研究費を支出できます。担当事務局では収支簿を備え、経理管理を行います。
 
研究成果の報告 研究期間終了後、受託研究の成果として「受託研究報告書」を提出致します。

2.担当事務局

研究開発センター 市ヶ谷担当(多摩・小金井地区除く全学部)
研究開発センター 多摩担当(経済学部・社会学部・現代福祉学部・スポーツ健康学部)
研究開発センター 小金井担当(理工学部・生命科学部・情報科学部・デザイン工学部)

▲ Page Top