スポーツ健康学部

TOPICS


2011.03.03

「東京マラソン2011」に学生がボランティアスタッフとして参加しました

2月27日(日)東京マラソン2011が行われました。36,000人のランナーが参加する一大イベントで、沿道での観衆は153万人(主催者調べ)にものぼると言われています。

スポーツ健康学部では、「東京マラソン2010」に引き続き今年もボランティアスタッフを募集。2月上旬の説明会を経て20人の学生がボランティアスタッフとして参加しました。

学生は主に救護スタッフとして参加し、スタート地点、5km地点、10km地点の救護所を担当しました。救護所は医師やトレーナーの方々との共同業務で学生は慣れないながらも精一杯活動していました。

「する」スポーツとして、36,000人のランナーが、「見る」スポーツとして153万人の観衆がいましたが、スポーツ健康学部の学生は「支える」スポーツとして、東京マラソンという大きなスポーツイベントに参加し、貴重な体験となりました。
参加した学生からも「実際にランナーを見た時は緊張しましたが、このような大きなイベントにスタッフとして参加でき、有意義な時間をすごせました」という声が聞かれ、大きな刺激となったようです。

今後も授業で学習しているスポーツ医学の知識やスポーツイベントの運用方法を実際に体験できる機会提供を増やし、体験学習を実践していきたいと思います。

5km救護所のスタッフ 
5km救護所のスタッフ 
10km救護所のスタッフ
10km救護所のスタッフ

10km救護所のスタッフ ミーティング後の1コマ
10km救護所のスタッフ ミーティング後の1コマ
10km救護所のスタッフ これから業務です
10km救護所のスタッフ これから業務です