社会学部 > ニュース > トピックス > 社会学部3年生の張子騰さんが「八王子Short Film映画祭」学生部門で、準グランプリを受賞しました

社会学部3年生の張子騰さんが「第6回 八王子Short Film映画祭」学生部門で、準グランプリを受賞しました

2018年12月11日

準グランプリを受賞した張子騰さん

準グランプリを受賞した張子騰さん

 本学社会学部メディア社会学科(藤田真文ゼミ)3年生の張子騰(チョウ チトウ)さんが、「第6回 八王子Short Film映画祭」の学生部門で、準グランプリを受賞しました。受賞作品は『出会い、八王子』です。
 本映画祭は、名もない新人映画人たちの登龍門として、未来の巨匠を夢見る若者たちが集い来る「祭典」を目指すものです。学生部門は、作品テーマを「出会い」「愛」「結婚」(*いずれか1つを満たしている事)とし、7分間の作品を作ることを条件としています。張さんの作品は、中国からの法政大学への留学生を主人公に、八王子という場所をどのように感じているか、どのような出会いがあったかを語ってもらう、ドキュメンタリーとなっています。
 張さんは現在、「マス・メディア(テレビ)のテクスト(内容)分析」を研究テーマとする藤田真文ゼミで、日々メディアの研究に取り組んでいます。

 

「第6回 八王子Short Film映画祭」表彰式にて

「第6回 八王子Short Film映画祭」表彰式にて