社会学部 > ニュース > トピックス > メディア社会学科 藤代裕之研究室『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』( ハーベスト出版)が、第29回地方出版文化功労賞を受賞しました。

メディア社会学科 藤代裕之研究室 『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版)が、第29回地方出版文化功労賞を受賞しました。

2016年07月26日

メディア社会学科 藤代裕之准教授の研究室とローカルジャーナリスト田中輝美さんとの共同プロジェクト 『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(田中輝美・藤代裕之研究室、ハーベスト出版)が、第29回地方出版文化功労賞(功労賞)を受賞しました。

受賞理由
①もともとは普通の人(少なくとも地域活性化に強い関心を持たなかった人)がそれぞれの活動で大きな足跡を残す過程を、
取り上げられた人の本音とともに、生きた言葉で語られることが驚きと納得感、さらには読後の充実感を与える。
②地方には一片の興味もなかった者もいる学生たちが、地域ではたらくことの意義をそれぞれなりに考えてインタビューを行っており、また、その反作用も含め、各章末の取材記に(模範解答ではない)光るものがみられる。
③学生、指導教官、ローカルジャーナリストの三者の立ち位置や考え方の違いがうまく作用し、類本を一歩超えた「多くの人に読んでもらいたい」本となっている。

社会学部 メディア社会学科 准教授 藤代 裕之(フジシロ ヒロユキ)

専門(担当)分野:ソーシャルメディア,ジャーナリズム