社会学部 > ニュース > トピックス > 社会学部3年の新行さん、玉手さんがTVFで入賞

社会学部3年の新行さん、玉手さんがTVFで入賞

2016年01月13日

プロではない一般市民がビデオカメラで撮影・制作した映像作品から優れたものを選んで表彰するコンクール「TVF東京ビデオフェスティバル2016」(主催:NPO法人 市民がつくるTVF)で、社会学部メディア社会学科3年の新行希望さんの「たった一人のお医者さん」と、同じくメディア社会学科3年の玉手秀人さんの『認知症サラリーマン〜もう一度誰かのために〜』が入賞しました。2人は水島ゼミに所属してドキュメンタリーの個人制作に取り組んでいますが、「ヒューマンドキュメンタリー映画祭<安倍野>2015」でも入賞しています。

TFVでの入賞は昨年、社会学部4年の土生拓海さん(水島ゼミ)が「優秀作品賞」に選ばれたのに続く快挙で、2月27日(土)、法政大学市ケ谷キャンパスで行われる公開審査で2人の作品を含む入賞作品から「ビデオ大賞」が選ばれます。