教員紹介(生命機能学科)

金子 智行 教授

専攻細胞分野
研究テーマ再構成細胞学研究室:構成的アプローチによる細胞や組織の再構成系の確立や、細胞間相互作用の制御による細胞の集団化効果(コミュニティ・エフェクト)の解明を目指して研究する

川岸 郁朗 教授

専攻細胞分野
研究テーマ細胞機能研究室:細菌の環境要因感知のセンサー分子群の同定と情報識別機構、情報伝達と応答機構の動態を、単一細胞レベルで解明することを目指して研究する

佐藤 勉 教授

専攻ゲノム分野
研究テーマ分子遺伝学研究室:原核生物の環境変化に応答しておこる細胞分化の過程を分子レベルで解析し、分化に関わる遺伝子ネットワークの全体像の解明を目指して研究する

常重 アントニオ 教授

専攻蛋白分野
研究テーマ蛋白質科学研究室:蛋白質間、蛋白質-低分子化合物の相互作用の新しいアロステリーモデルの検証、異種生物間のキメラ蛋白質の構造機能解析、水和水の蛋白質機能への影響の解明を目指して研究する

廣野 雅文 教授

専攻細胞分野
研究テーマ分子細胞生物学研究室:クラミドモナスの中心子・鞭毛を題材に、遺伝学と細胞生物学的手法などを用いて、細胞内の規則的構造が構築される原理の解明を目指して研究する

水澤 直樹 教授

専攻一般生物学
研究テーマ光合成研究室:光合成生物を題材に、光合成酸素発生、光合成装置の環境ストレス耐性、光合成装置の分子構築など、その仕組みが未解明な現象の分子レベルでの機構解明を目指して研究する

山本 兼由 教授

専攻ゲノム分野
研究テーマゲノム生物学研究室:細菌を題材に、生物のゲノム全遺伝子の発現プログラムが、環境に応答して変化する機構を分子のレベルで理解することを目指して研究する

曽和 義幸 准教授

専攻蛋白分野
研究テーマ超分子機能学研究室:細胞運動に関わる生体超分子のエネルギー変換・情報伝達機構を、一分子ナノ計測技術により単一分子レベルで解明することを目指して研究する

伊藤 賢太郎 専任講師

専攻応用数学
研究テーマ数理モデリング研究室:粘菌をはじめとする様々な生物の振る舞いのメカニズムを数学とシミュレーションにより解明することを目指して研究する

 

今村 大輔 准教授

専攻ゲノム分野
研究テーマ微生物細胞機構学研究室:細菌の細胞分化の仕組みを分子レベルで解明することにより、生物のもつ生存戦略やその原理を理解することを目指して研究する

 

雲財 悟 准教授

専攻蛋白分野
研究テーマ蛋白質構造学研究室:環境に適応するための蛋白質分子進化や、情報伝達を担う蛋白質の立体構造に注目し、生物物理学的実験手法を使って蛋白質機能発揮メカニズム解明を目指して研究する

西川 正俊 助教

専攻細胞分野
研究テーマ細胞メカニクス研究室:線虫の形態形成のイメージングや理論構築を通じて、細胞骨格が生み出す力と細胞内シグナルの協調機構の解明を目指して研究する