生命科学部 > ニュース > トピックス > 石垣隆正教授(環境応用化学科)が日本セラミックス協会フェロー表彰を受賞しました

石垣隆正教授(環境応用化学科)が日本セラミックス協会フェロー表彰を受賞しました

2019年06月14日

石垣隆正教授(環境応用化学科)が日本セラミックス協会フェロー表彰を受賞

セラミックス分野の発展に顕著な業績をあげた研究者に贈られる日本セラミックス協会フェロー表彰を、石垣隆正教授(環境応用化学科)が受賞しました。

石垣隆正教授は、セラミックス(無機固体材料)微粒子の合成と応用を研究テーマとする無機合成化学研究室で、酸化チタン、酸化亜鉛、炭酸カルシウムなどの微粒子を水溶液中で合成し、光触媒活性、発光特性、電気・磁気特性を向上させる研究を行っています。

今回は気相法,液相法を用いて種々のナノ粒子セラミックスを創製し、セラミックス基礎科学を発展させたことや、同協会の活動を通じてセラミックス分野の発展に顕著な業績をあげたことを評価されたものです。

なお、表彰式は6月7日(金)に行われました。