生命科学部 > ニュース > トピックス > 小金井研究交流セミナーを開催しました

小金井研究交流セミナーを開催しました

2018年12月18日

2018年12月14日(金)17時より小金井キャンパス西館3階情報科学部アクティブラーニングラボで小金井研究交流セミナーを開催しました。
小金井キャンパス理系3学部(情報科学部・理工学部・生命科学部)の共催で、若手からベテランまで40人以上の教職員が参加しました。

川岸郁朗副学長補佐の開会のあいさつに続き、以下のプログラムで研究の紹介が進行しました。

  • 物体指紋:床で位置を知る/藤田悟先生(情報科学部デジタルメディア学科)
  • 神経模倣ハードウェアのための数理モデル化・回路実装手法の開発/鳥飼弘幸先生(理工学部電気電子工学科)
  • 植物の形を変える微生物:ファイトプラズマ/大島研郎先生(生命科学部応用植物学科)

それぞれの発表後には所属分野をまたいでさまざまな質問や活発な議論も交わされました。

終了後には場所を小金井キャンパス管理棟3階食堂に移し、30人以上が参加しての懇親会が開催されました。
参加した教員からは「大変勉強になった、継続的に実施してほしい」「わかりやすく丁寧な説明で感心した」
「今後自分の研究分野と融合ができる研究分野だった」「同じ学科の先生なのに今までどんな研究をしているか知らず、良い機会になった」など、とても好意的な感想が聞かれました。

今後も、理系3学部や各学科・各研究室の風通しがよくなり、研究分野の融合につながる研究が育つことを誓い散会となりました。