生命科学部 > ニュース > トピックス > レアメタル蓄積能力の高い大腸菌を作製、山本兼由教授(生命機能学科)ら

レアメタル蓄積能力の高い大腸菌を作製、山本兼由教授(生命機能学科)ら

2018年05月17日

モリブデンはレアメタルの1つとして知られています。
このモリブデンを蓄積する能力が高い大腸菌 を山本兼由教授(生命機能学科)らが作製し、
2018年5月16日の日経産業新聞で紹介されました。

大腸菌はすべての遺伝情報(ゲノム)が解読され、 改変も容易です。
今回はゲノム編集の技術で、 モリブデンを蓄積するたんぱく質を多く作れるようにしたものです 。

モリブデンは合金鋼の添加元素に利用され、 特に銅の合金はハイブリッドカーやロケットの電子基板などにも使 われています。
今後はより高濃度で貯めることができる大腸菌の作製を目指してい ます。