教員紹介Professor

ページを印刷する

機械工学、航空操縦学で高い実績を誇るプロフェッショナルたちが、「パイロットになる」という皆さんの夢を、全力をあげてバックアップ、サポートします。

×

航空操縦学専修
渡邉 正義 教授
主な授業科目: 航空法、航空気象、操縦学入門
業務経歴: 防衛庁操縦士、航空大学校教官(宮崎、帯広、仙台)、国土交通省航空局首席航空従事者試験官・首席運航審査官
飛行時間: 16,000時間
研究テーマ: パイロットには、航空機の高度な操縦技術とともにマネージメント能力および協調能力等が求められます。これらの能力を身につけるためのTEM、CRM訓練等の効果的な教育方法について研究しています。
航空操縦学専修
森田 進治 教授
主な授業科目: 航空安全、航空英語
業務経歴: 日本航空機長(航空大学校出身)、B747-400運航乗員部副部長、オペレーションコントロールセンター部長、NAPA運航乗員訓練所所長
飛行時間: 15,200時間
研究テーマ: 航空機の操縦は大型機になるほど技術のみならず、論理的に計画された上での操縦が求められています。将来を見据えた操縦技術とフライトに対する考え方の基礎を固めます。
飛行訓練センター
市川 博一 教授
主な授業科目: 初等操縦実習、航空力学
業務経歴: いすゞ自動車株式会社研究開発エンジニア、日本航空自社養成運航乗務員、DC-10航空機関士、DC-10副操縦士、B777副操縦士、航空大学校教官
飛行時間: 飛行機12,000時間、滑空機2,200時間
研究テーマ: パイロットに求められる基本的操縦技術および考え方(特に危機管理能力)の研究、エアラインの運航に影響する山岳波(高高度)の研究、山岳波を利用した滑空機の長距離飛行の研究を行っています。
航空操縦学専修
柴田 東作 教授
主な授業科目: 航法Ⅰ、航空管制
業務経歴: 日本航空自社養成パイロット、B747航空機関士、DC-10機長、ライン操縦教官、運航乗員訓練部・専任地上教官
飛行時間: 10,000時間
研究テーマ: 事故原因におけるヒューマンファクターの問題や、パイロットがフライト中にどの計器をどの様なパターンで見ているか等の研究をしています。

×

機械工学科
新井 和吉 教授
主な授業科目: 複合材料工学
研究テーマ: 軽くて強い繊維強化プラスチック(FRP)等の複合材料について、その耐衝撃性の研究を行っています。宇宙機のスペースデプリ衝突防御や航空機の耐バードストライク、野球用ヘルメットの緩衝性能等の問題について検討を行っています。本学科で、もの作りには欠かせない「そうぞう力(創造力と想像力)」などを養ってほしいと思います。
機械工学科
石井 千春 教授
主な授業科目: 機械制御工学
研究テーマ: 制御工学とロボットのモーションコントロールを軸に、近年の医工学連携、および高齢化社会への需要を見据えて、医療ロボット・福祉機器の開発を中心とした研究を行っています。3次元CAD(機械設計ソフトウェア)や制御系設計ソフトウェアの使い方を身に付けて、社会に役立つ医療・福祉ロボットを開発したいという方を歓迎します。
機械工学科
川上 忠重 教授

主な授業科目: 工業熱力学
業務経歴: 各種内燃機関の燃焼生成物の低減に関する研究や、燃焼方法改善による燃焼の能動的制御(超微粒化された液滴燃焼や微小重力環境を積極的に利用)に関する研究を行っています。これからのグローバルな次世代型内燃機関の開発や持続可能な環境エネルギー問題の解決には、皆さんの新しいアイデアが必要・不可欠です。新しい視点から、ぜひ、チャレンジしてください。