小林一行教授研究室チームがIGVC2018 にて16年ぶり3度目の総合優勝

2018年06月08日

2018年6月1日(金)から4日(月)まで米国ミシガン州オー クランド大学で開催された自律移動ロボットの大会である、 第26回IGVC大会(The 26th Annual Intelligent Ground Vehicle Competition)に、理工学部創生科学科小林一行研究室チームが車両Orange 2018として出場しました。今年は、米国、カナダ、インド、日 本から参加し競い合いました。


その中でIOP Challenge部門で優勝、Auto-Nav Challenge部門で4位入賞、Design Competition部門で4位入賞、出場審査を最初に通過し たチームに送られるFirst Qualify賞を受賞しました。それぞれの部門の合計ポイント で決まるGrand Award部門では、今年は法政大学のチームと Bluefield State Collegeの2校が同じポイント数で、同率で2校が総合優勝 となりました。法政大学のチームの総合優勝は、2002年以来16年ぶり3度目の快挙です。