■本学創立者 薩垂正邦生誕150周年記念連続講演会を開催中
2006/3/21掲載
撮影場所/市ケ谷キャンパス
 3月11日(土)、市ケ谷キャンパスのボアソナード・タワー25階イノベーション・マネジメント研究センターセミナー室で「法政大学創立者 薩垂正邦生誕150周年記念連続講演会−明治日本の産業と社会−」の第2回と第3回が行われ、それぞれ約25人が聴講に訪れました。

 第2回は『「近代化」へのまなざし−農書・技術書・錦絵から読み解く「ものづくり」の源流−』と題して、たばこと塩の博物館学芸部長の半田昌之氏が、第3回は『明治という時代のなかのマーケティング』と題して、静岡県立大学経営情報学部助教授の森田克徳氏が、それぞれ1時間30分にわたって講演しました。

 今後も薩垂正邦の生誕を記念して連続講演会を行い、明治という時代における日本の産業・企業・社会を展望し新たな時代への指針を得たいと願っています。皆さま、ぜひご参加ください。
半田氏による講演 森田氏による講演
一覧へ>>
“Campus photoあらかると”は各キャンパスの日常風景や施設などを紹介するページです。
更新は随時行います。
法政大学広報・広聴課