HOME > 入学案内 > 付属校 > 法政大学国際高等学校


法政大学国際高等学校

主体的に学び、考え、行動し、多様な他者とつながる21世紀の地球市民を育てる

国際高等学校は、2018年4月に「法政大学女子高等学校」から校名を変更しました。

グローバル探究コースとIBコースを設置し(IB:インターナショナルバカロレア)、アクティブ・ラーニングの活性化、語学教育や海外研修の充実を通して、「自由を生き抜く実践知」を追究しています。また2015年度より文部科学省・SGH(スーパーグローバルハイスクール、期間5年)に指定され、「持続可能な社会の実現を担うグローバル・リーダー育成プログラム(GLP)の開発」に取り組み、主体的な学びの深化をはかっています。

これまで進めてきた学校改革をさらに発展させ、<主体的に学び、考え、行動し、多様な他者とつながる21世紀の地球市民(グローバルシティズン)を育てる付属校>として、「法政大学国際高等学校」に校名を変更し、性差を超えて入学できる共学校になりました。

沿革

付属校として1949(昭和24)年に法政大学女子高等学校が誕生。2018(平成30)年に法政大学国際高等学校に校名変更。前身の潤光学園を合わせるとその歴史は70年余になります。

基本情報

開設年 1949年
入学(募集)定員 296人(グローバル探究コース276人、IBコース20人)
教員数(専任) 40人
所在地 〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷1-13-1
TEL:045-571-4482(代)
お問合せ: girls-hi@ml.hosei.ac.jp