岡松ゼミ

ゼミテーマ:国際平和の追求

担当教員:岡松 暁子

学生によるゼミ紹介

ゼミ概要

岡松ゼミでは、国際社会における法律である国際法を勉強しています。普段のゼミで行うディスカッションやサブゼミで行う読書会、映画鑑賞会などを通じて、現在の国際社会で起きている人権問題、環境問題、領土問題などに対して考えを深め、解決策を考えます。また、オンとオフの切り替えを大切に様々な企画を行い、遊びに勉強に、全力で取り組んでいます。

ゼミ詳細

ゼミ風景

(一回り大きく成長できるゼミ)

 岡松ゼミでは、一つの問題に対して複数の視点を持つことができるようになり、自ら考える機会が多くなるため自分自身の考えを持てるようになり、そして自分自身の意見を論理立てて表現できるようになります。
 グループ発表や模擬裁判などではチームワークも大切になるため、各自が役割を認識し、行動力を養うことができます。そのチームワークを活かし、様々な企画を実行できるのも岡松ゼミの特徴であると考えています。
また、ゼミ生同士やOBOGの方々との交流を通じて、言葉遣いや礼儀などの人間力を培うことができます。

(夏合宿)
 夏合宿では、主に4年生の卒業論文の中間発表、模擬裁判、読書会や時事問題の討論を行いしっかりと勉強をします。もちろんそれだけではなく、OBOGの方々と交流をしたり、様々なレクで楽しんだり、オンオフの切り替えをしっかり行い楽しめる「濃い内容」の合宿です。 

遊ぶときは全力です!!!

遊ぶときは全力です!!!

勉強するときも全力です!!!!!

勉強するときも全力です!!!!!

校外学習の際、磯子の火力発電所にて

校外学習の際、磯子の火力発電所にて

(校外授業)

 岡松ゼミの特徴として、国際法が関係する様々な現場を訪問する校外学習があります。一人ひとりが目的意識を持ち現場に行くことで、座学では得られないものが掴めます。
 これまでに、外務省外交史料館、横浜外交資料館、防衛省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、火力発電所などを訪問しました。

岡松ゼミ

このように、様々な活動を行い国際法や国際社会についての理解を深めていくことで、日々動いている社会の様々な事象に対して自らの考えに基づいて対処することができる「強くしなやかな人間」になることができます。
さあ、私達と一緒に「学生時代これだけはやったぞ!」と言えるものを作り上げましょう。
必ず濃い学生生活になること間違いなしです!!