講義紹介

大学での学びの柱となっているのは講義形式の授業です。人間環境学部では多様な学問分野を専門とする教員による講義を設けています。いくつかの講義について担当教員が紹介します。

 

環境経済論Ⅰ・Ⅱ/国際環境政策Ⅰ・Ⅱ

國則 守生

國則 守生

どうして環境問題の軽減・解決には多くの時間を要してきたでしょうか。さまざまな要因とともに、まず気付くのは、環境問題はさまざまな経済活動とともに発生してきたということです。そして環境を良くするには経済活動の質と量を上手にマネージする必要があります。どのような方策があるのか、一緒に考えていきましょう。

自然環境政策論Ⅰ・Ⅱ

高田 雅之

高田 雅之

自然環境を保全し未来に引き継いでいくには、自然の仕組みや生き物のことを知り、人間活動が引き起こす問題を理解した上で、どのような考えが必要か、また取り組みが有効かを考えなければなりません。
講義では、人と自然との調和を問題意識に持ち、社会的で、科学的な視点から、様々な保全の可能性を学習し探求します。

日本環境史論Ⅰ・Ⅱ

根崎 光男

根崎 光男

人と自然との関係や、都市空間で引き起こる環境問題を歴史的に究明するためには、その事実関係を知るとともに、人の暮らしや文化を含めたさまざまな歴史を理解する必要があります。人は自然とどのようにかかわり、都市問題とはどのように向き合ってきたのかなど、先人の知恵を探求し、環境とのかかわりを考えていきます。

気候変動論Ⅰ・Ⅱ

松本 倫明

松本 倫明

地球温暖化に代表されるように、気候変動は環境問題を考える上で基本的で重要な現象です。しかし、気候変動のメカニズムは複雑で、間違った理解をしている人も少なくありません。
この講義では気候変動の自然科学的な側面をわかりやすく解説します。この講義で学んだ事柄は地球温暖化の緩和政策を考える上でも役立つでしょう。

グローカルコミュニケーション

ストックウェル エスター

ストックウェル エスター

世界の各地域において、歴史や民族性によって蓄積された多様な文化が深く関わっています。本講義はこの多様性に日本のローカル面と国際のグローバル面、2つの観点から目を向け、世界各国の急速なグローバル化に伴い、異なる文化、民族、国家間の相互理解を深め、円滑なコミュニケーションを促進するための科目です。

西洋美術史論

板橋 美也

板橋 美也

19世紀半ば以降、ヨーロッパやアメリカの芸術家たちは、日本の美術工芸からインスピレーションを得ながら、さまざまな新しい美術やデザインの潮流を巻き起こしました。本講義では、特にイギリスで、美術やデザインを通して日本がどのように眺められてきたのかを追っていくことで、異文化間交流のあり方について考えます。 

自然災害論

杉戸 信彦

杉戸 信彦

自然災害を決定づける要因は「自然界がもたらすハザード」と「人間社会の脆弱性」です。その地で「いつ」「何が」起こり得るのでしょうか。人間社会は「その時」にどう備えるべきでしょうか。本講義では、自然環境に内在するハザードの実態やまちづくりのハード面に関わる現状を、災害調査現地データもまじえて解説します。防災力の高い地域社会を構築するベースとなります。 

衛生・公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

宮川 路子

宮川 路子

衛生・公衆衛生学は、疾病の予防、健康の保持増進を図る科学技術です。疾病予防だけでなく、環境問題をはじめとした、健康に関わるあらゆるテーマを取り扱い、国民の健康寿命の延長を目指しています。講義では、学生さんの健康意識を高め、将来に向けて健康管理を行っていくために必要な知識の習得を目的としています。

環境法Ⅰ・Ⅲ

後藤 彌彦

後藤 彌彦

有害物質、廃棄物、地球環境問題などわれわれのまわりには、解決をせまられている環境問題が山積しています。「環境法Ⅰ」は、歴史的視点から公害環境法の生成と展開を俯瞰し、現在の環境法の体系・特色などを学ぶ環境法の総論です。「環境法Ⅲ」は、個別の公害法、廃棄物リサイクル法の仕組みを習得する環境法の各論です。

環境経営論Ⅰ・Ⅱ

金藤 正直

金藤 正直

現在、企業が地域に根差した「事業(ビジネス)」を継続的に行っていくためには、環境に配慮した経営(環境配慮経営)が必要不可欠です。本講義では、企業による環境配慮経営の取り組みを、経営学および会計学の両視点から学習していきますので、各企業が環境に配慮しながら持続的に成長していくための経営手法の基礎的知識を身につけることができます。

環境社会論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

西城戸 誠

西城戸 誠

環境社会論Ⅰでは環境社会学の2つのアプローチ(環境問題の社会学と環境共存の社会学)の概要を講義します。環境社会論Ⅱでは環境運動の観点から環境問題の構造と解決策を考えます。環境社会論Ⅲでは環境と社会の持続性について、環境社会論Ⅰ、Ⅱを踏まえた応用的な議論を行います。いずれも具体的な事例を紹介しながら講義します。

日本詩歌の伝統

日原 傳

日原 傳

定型詩の実作を指導する授業です。先人の作品を紹介し、定型詩のきまりを解説した上で、実作に挑戦してもらいます。半年の授業で、俳句三十句、短歌六首、漢詩(七言絶句)一首ほど創作することになります。定型詩の観賞と実作を通して、身辺の四季の変化を感じとる心を養い、言葉に関する感覚を磨く手伝いが出来ればと思っています。

国際法Ⅰ・Ⅱ

岡松 暁子

岡松 暁子

国際法は、主として国家間関係を規律する法です。国際社会で問題となっている武力紛争、軍事問題、経済摩擦、環境問題、人権問題などを分析・解決するために、この国際法は重要な役割を担っています。講義では、実際に国際裁判にかけられた紛争事例の分析を通して、国際法の諸理論を論じていきます。この講義が、国際社会の諸問題へ関心を深め、国際平和を考えるきっかけとなればと思っております。