人間環境学部 > ニュース > トピックス > 人間環境学部に合格されたみなさんへ

人間環境学部に合格されたみなさんへ

2018年01月31日

渡邊 誠

合格おめでとうございます。学部長の渡邊です。少しずつ春の気配を感じる日々となってきました。市ヶ谷キャンパスの周囲にある桜の樹は、4月になると一斉に開花して、とても晴れやかな姿を見せてくれます。この市ヶ谷キャンパスにおいて今春皆さんにお会いできることを心待ちにしています。 

人間環境学部のホームページをご覧になった方も多いと思います。本学部は、持続可能な社会、すなわち100年先に生きる子供たちが笑顔で暮らせる社会を創造するための政策を考えていく総合政策学部です。現代社会に残された課題は多くありますが、これらを解決することはそれほど簡単ではありません。課題解決のためには、幅広い知識と柔軟な思考力、そして政策立案能力が求められています。様々な学問分野を結びつけ、考察を深めていく探求力が必要です。国際社会でも地域社会でも、現代はこのような力を持った人が求められています。本学部ではこれらの力を養うための教育が展開されています。法政大学では「持続可能な地球社会に貢献する」ことをミッションのひとつに掲げていますが、本学部はこれを実践する主体となっています。 

本学部の特色のひとつは、社会との交流・連携を強化していることにあります。例えばフィールドスタディでは、国内・海外の各地域を訪ね、現地の社会環境や自然環境を実際に見て感じることにより問題意識を高めることができます。また、キャリアチャレンジは、本学部が独自に連携する自治体、NPO、企業等の団体に研修参加する科目です。これらにより社会体験を積みながら知識と観察力、思考力を身につけることができることと思います。そして未来社会を創造する人に成長していただくことに繋がるものと考えています。 

本学部にかかわりのある多くの人々が交流することを目的として、2016年12月にウェブ・コミュニティである「法政人間環境倶楽部」を開設しました。これは、法政大学人間環境学部の在学生、卒業生、現・元教職員、さらにはこの学部の各種事業(教育・研究・社会貢献等)に協力していただいている方々、そして関係者のご家族など、広く学部の理念を共有する人々のプラットフォームです。一度ご覧ください。様々な出会いがあると思います。 

「持続可能な社会を創造する」とはどのようなことなのでしょうか。「未来のことを考えながら、今を生きること」と言ってもよいと思います。どうぞ、この学部において展開されている創造的な学びの中にぜひ参加してください。皆さんの入学を心から歓迎いたします。

人間環境学部長 渡邊誠