人間環境学部 > ニュース > トピックス > 人間環境学部 長谷川直哉教授が「第16回日経STOCKリーグ」でNOMURA AWARDを受賞

人間環境学部 長谷川直哉教授が「第16回日経STOCKリーグ」でNOMURA AWARDを受賞

2016年03月17日

人間環境学部の長谷川直哉教授が、第16回日経STOCKリーグ(主催:日本経済新聞社、特別協賛:野村グループ、後援:文部科学省、金融庁他)でNOMURAAWARD【特別協賛社賞】を受賞しました。日経STOCKリーグを通じて、長年にわたり金融・経済教育の発展に尽力したことが評価されたものです。長谷川ゼミは日経STOCKリーグに初めて参加した第12回(2011年度)以降、第16回(2015年度)まで5年連続入選と3年連続入賞を果しています。ゼミ生の多くがSTOCKリーグでの経験を踏まえて、上場企業を中心にわが国の主要企業で活躍しています。長谷川教授は「STOCKリーグは株価が上がる企業を選ぶ活動ではありません。50年、100年先を見据えてサステイナブル社会の実現に貢献する企業を見出すことが目的です。人間環境学部での多様な学びを通じて、良い企業とは何か、社会と企業のサステイナビリティとは何かを学生自身が考えることに意義があります」と話しています。

参照WEB man@bow

長谷川教授と敢闘賞受賞チーム

長谷川教授と敢闘賞受賞チーム

表彰される長谷川教授

表彰される長谷川教授