最新情報

2008.11.27

流通産業ライブラリーを開設します

一覧へ戻る

徳安常務理事
徳安常務理事

左より、岡田氏、渥美氏、伊藤氏、清水氏
左より、岡田氏、渥美氏、伊藤氏、清水氏

左より、金副所長、矢作所長
左より、金副所長、矢作所長

委員会の様子
委員会の様子

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターでは、日本チェーンストア協会、日本マーケティング協会等11業界団体と日本商業学会等4学術団体・研究機関と協力して、流通・消費財産業に関する図書資料を専門に収集し一般に公開する「流通産業ライブラリー」を発足させます。これに伴い、10月31日(金)、アルカディア市ヶ谷にて、伊藤雅俊セブン&アイ・ホールディングス名誉会長、岡田卓也イオン名誉会長相談役、𡈽方清サークルKサンクス会長、石井淳蔵流通科学大学学長らが出席して、設置準備委員会を開催しました。

当日は、金容度副所長の司会のもと、徳安彰常務理事のあいさつ、矢作敏行所長より「流通産業ライブラリー」設置の趣意と経緯および事業計画の説明が行われました。その後、渥美俊一日本リテイリングセンターチーフ・コンサルタント、清水信次ライフコーポレーション会長らを交え、活発な意見交換が行われました。

流通・消費財産業は、高度経済成長の波に乗り急成長しましたが、その歴史的発展の裏付けとなる図書資料を専門的に収集・整理する機関はなく、この分野での研究に取り組んできた矢作所長が中心となり、業界・学界に広く図書資料の寄贈と寄付を呼びかけ、通常の図書館や研究機関では収集しきれない社史・伝記や報告書等を体系的に収集する計画が実現しました。

同研究センターは大規模なデポジット・ライブラリー(保存図書館)施設を有しており、そのスペースを有効活用するとともに、産学連携で関連研究活動を拡充します。

「以前から、都内のどこかにだれでも利用できる流通・マーケティング関連の専門図書館があればよいと思っていた。とくに、近年いくつかあった流通・マーケティング関連の研究所・機関が閉鎖され、同時に業界・学界でも世代交代が進んでおり、行き場を失った図書資料が増えている。それをうまく拾い上げて、このテーマだったら『流通産業ライブラリー』に行けば資料が揃っている、というコレクション方式を採用して社会貢献したい」(矢作所長)。
当面、小売経営や流通政策に関連した図書資料を重点的に収集する予定です。



ページのトップへ戻る