イベント情報

2008.02.13

比較経済研究所シンポジウム「ガバナンスの比較セクター分析」(3/13)

一覧へ戻る


〜ゲーム理論+契約理論を用いた学際的アプローチ〜

今日、「ガバナンス(Governance)」の問題が、企業統治、民営化、地方分権、政治改革、医療福祉、国際関係など、広範な分野で注目されています。このコンファレンスは、「契約理論」「ゲーム理論」という分析ツールを用いて、上記セクター間の「ガバナンス・メカニズム」の比較分析を行う学際的コンファレンスです。民間セクター、政府セクター、超国家機構セクターという、異なるセクター間での「比較分析」は、セクターを横断しての「ガバナンスの普遍的特色」を明らかにするだけでなく、「各セクター固有のガバナンスの特色」を一層浮き彫りにすることが出来ると期待されます。

日 時 3月13日(木) 10:00〜18:00
場 所 市ケ谷キャンパスボアソナード・タワー26階A会議室
参加費 無 料(事前の申し込みは不要)
概 要 下記セクターごとに学内外の第一線の研究者が分かりやすく報告します。

民間セクター(コーポレート・ガバナンス(企業統治))
政府セクター(地方分権問題)
超国家セクター(グローバル・ガバナンス)
開発ガバナンス(今回は、中国のガバナンス)
主 催 法政大学比較経済研究所
責任者 鈴木 豊(法政大学比較経済研究所経済学部教授)



[問い合わせ先]
法政大学比較経済研究所
〒194-0298 東京都町田市相原町4342
TEL:042-783-2330
Eメール:ices@s-adm.hosei.ac.jp
URL:http://www.hosei.ac.jp/hikaku2/indexice.htm


ページのトップへ戻る