イベント情報

2007.11.29

法政大学生命科学部 設立記念講演会「生命と環境」(12/22)

一覧へ戻る


法政大学では、2008年4月より生命科学部を設立します。

人類は今、地球温暖化、エネルギー危機、食糧問題、生物多様性の崩壊など、「環境と生命」を巡る、深刻な問題に直面しています。しかも、こうした問題を科学的に取り組むことが期待されている若者の理科離れが指摘されています。21世紀に発足する本学・生命科学部は、こうした現代的課題の解決を目指す人類の協同作業に参画し、ゲノム・遺伝子と蛋白質の理解を基盤にした生命機能の理解、生命理解を基盤とした植物病の予防と治療、また現代化学による環境保全技術開発・新エネルギー創出・新規物質開発など、基礎から応用までを連結した、「環境と生命」の調和を実現するための、総合的・学際的研究を展開し、その中で、大学理科教育を行なうことを目指しています。科学的実践を優先した大学理科教育の革命を目指しています。

その出発を記念して、「環境と生命」の分野の我が国の指導的な研究者をお招きし、生命科学の歴史・現状と将来の展望までをさまざまな切り口で解説していただくことといたしました。

日 時 12月22日(土) 15:30〜
場 所 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26F スカイホール
詳細は、こちらをご参照ください。
対 象 「環境と生命」に関心のある、大学院・大学・研究所の研究者・学生、高校・予備校・専門学校の教員・学生をはじめ、全ての方
参加費 無 料
申し込み方法 インターネットでのお申し込みは終了しました。下記問合わせ先にお問い合わせください。

<スケジュール> 司会:石浜 明(工学部生命機能学科 教授)
15:30〜15:40 開会の辞 法政大学常務理事 堀江 拓充
15:40〜16:15 講  演 「生命科学の歴史から未来を占う」
情報・システム研究機構 機構長 堀田 凱樹
16:15〜16:50 講  演 「複雑さが見えてきた生きもの研究 –生命誌という切り口-」
JT生命誌研究館 館長 中村 桂子
16:50〜17:25 講  演 「ナノテクからナノバイオへ -化学者から科学者へ-」
理化学研究所中央研究所 所長 茅 幸二
17:25〜18:00 講  演 「エネルギー環境問題の動向とバイオ技術への期待」
地球環境産業技術研究機構 理事長・所長 茅 陽一
18:00〜18:10 休 憩
18:10〜18:35 パネルディスカッション
18:35〜18:40 閉会の辞 法政大学生命科学部 学部長(予定) 長田 敏行




<植物医科学専修の説明会実施>
生命機能学科植物医科学専修の説明会を下記の通り実施いたします。
当日は進学に関する相談も可能です。みなさん是非ご参加ください。(事前申込み不要)

日 時 12月22日(土) 14:00〜15:00
場 所 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25F
イノベーションマネジメント研究センターセミナー室




[問い合わせ先]
〒184-8584 東京都小金井市梶野町3−7−2
法政大学小金井事務部学務課工学部担当 柴岡
TEL:042-387-6406
E-mail:seimeisympo@hosei.ac.jp
平日 9:00〜17:00(ただし、11:30〜12:30を除く)


ページのトップへ戻る