法政大学図書館 > ニュース > トピックス > ライブラリーサポーター選書本の展示開始!(多摩)

ライブラリーサポーター選書本の展示開始!(多摩)

2017年10月02日

2017年6月17日(土),紀伊國屋書店新宿本店で行われた選書ツアーに,10名の多摩ライブラリーサポーターが参加しました。 参加者自身の関心だけでなく 「他の学生も興味を持ちそう・役立ちそう」 という観点から,合計145冊の図書が選ばれ,現在多摩図書館内に展示中です。

ライブラリーサポーターいち押しの図書は,紹介文を書いたPOPと一緒に展示しています。展示期間中も貸し出しを行っていますので,ぜひこの機会に手に取ってみてください!

展示場所

多摩図書館2F 階段踊り場

 

選書ツアーの様子

        

        

        

選書ツアーの感想

【経済学部1年】

今回の選書ツアーは、紀伊國屋書店の本店で行なわれましたが、私はまずその本店の本の品揃えに圧倒されました。地下1階から8階まで様々な本があり、自分の好み、自分の学部である経済学部に合った本、全学部に共通して使える本と多種多様の本を選ぶことができました。

【社会学部1年】

今回の選書ツアーでの選書のポイントは、自分が読みたい本だけではなく、より多くの学生に読んでもらいたい本を選ぶ、ということでした。そのため、普段自分が読まないようなジャンルの本を選ぶことが、とても新鮮で楽しかったです。また、書店の裏側に入ったり、特別な機械を使わせていただいたりと、貴重な経験をすることもできました。

【社会学部2年】 

選書ツアーに参加するのは2回目でした。前回は事前の準備不足で本を多く選ぶことはできませんでしたが、今回はそのことを反省して、選びたい本を十分に選ぶことができました。本を選ぶときには、スキャナーを使って本を読みとるので、本屋の店員になったような気分も味わえました。自分の選んだ本が図書館に置かれ、誰かに読まれていくのだと考えると、少し感動します。 

【現代福祉学部1年】

選書ツアーに参加する前までは、まだ読んだことのない本を選ぼうと思っていましたが、実際に店へ足を運ぶと想像以上に様々な本があり、本を選ぶことが意外と難しかったです。

お問い合わせ

多摩図書館 Mail:libt@hosei.ac.jp(@を半角に変えてください)