HOME > 教育・研究 > 学びの特色 > 学部・学科を超えた学び


学部・学科を超えた学び

法政大学では、隣接・関連分野の横断的な受講機会を積極的に設定し、学問的な視野を広げ、柔軟な思考力を養うとともに、学部の枠を超えたプログラムを設定することにより、学部教育だけにとらわれない幅広い専門知識を養うためのカリキュラムを提供し、幅広い教養を兼ね備えた人材の育成に取り組んでいます。

他学部公開科目の履修

法政大学では学部によって、3・4年次に一定条件のもと、他学部の設置科目(専門教育科目)を履修し、卒業所要単位として認定する制度を設けています。また、学部によっては、同一学部内の他学科科目を1~4年次に自由科目として相互に履修することもできます。

SSI(スポーツ・サイエンス・インスティテュート)

SSIは、これからのスポーツ文化の担い手となる人材を育成する「スポーツに優れた者の特別推薦入学試験」による入学者を対象としたスポーツ専門講座です。
SSI参加学部・学科に在籍しSSI履修を希望する学生は、各学部・学科によって定められた科目を履修すると同時にSSI科目を履修することができます。そうすることで、法政大学の学生としての総合的な知識を修得するとともに、文化と科学としてのスポーツの理解を図ります。これにより学生は、スポーツ能力の向上を目指しながら、将来へ向けて多様な人生設計が可能になるのです。
スポーツを中心に健康・福祉を科学的に追究し、新しい人材として、将来より幅広い分野での活躍が期待できます。SSIではこれからのスポーツ文化の担い手として、新しい可能性を切り開いていく人材の育成に力を入れています。
なお、学部・学科の枠を超えた科目履修を可能にするため、SSIではe-ラーニング・システムを利用した3キャンパスを結んだ遠隔授業が行われます。

社会貢献・課題解決教育

本授業は、学生が中小企業等のコンサルティングを実際に体験し、社会に出てから必要とされる「課題解決能力」「コミュニケーション能力」「プレゼンテーション能力」などを含む、“発見力・分析力・実践力”という3つの基礎力を向上させることを目的としています。
具体的には、東京都台東区内の中小企業、商店街やNPOを対象に経営コンサルティングを行いながら、これらのスキルや手法を身に付けていきます。
例年、数社のクライアントを対象に、4学部の学生がチームに分かれて、経営課題の「発見→分析→提案→実践→発見…」というコンサルティングプロセスを体験しています。
その成果として、学生が提案したアイデアを商品化して売り出した企業もありますし、学生の提案により店舗を移転し、内装を一新することで訪問客を増やした企業もあります。あるチームでは企業の企画会議に定期的に参加し、社員と共に広告戦略の重要な媒体であるチラシのデザインを作成しました。 年度末にはクライアントなど関係者を集めて、最終的な提案・展示を行う成果報告会を開催します。この報告会の進行や展示などは学生が企画運営します。

国際日本学インスティテュート

大学院で導入している制度です。法政大学大学院は現在13研究科、26専攻を擁し、さらに、これらの専門各領域に基礎を置いた能楽研究所・沖縄文化研究所・国際日本学研究所など、11研究所が設置されています。
これらの諸機関、その学問的、教育的資源人材を、従来の専門や専攻の枠組みにとらわれず自由にピックアップし、再構成しようという新しい教育システムが、インスティテュート制(教育機関)です。したがって国際日本学インスティテュートの学生は、人文科学研究科日本文学専攻・日本史学専攻・地理学専攻および政治学研究科、社会学研究科のいずれかに学籍を置きますが、その専攻を超えて、別途設置したカリキュラムの中から自由に選択履修し、国際日本学のプロフェッショナルを目指します。高度な教養や生涯学習を求める人、海外に出向したり、また外国人と接する機会の多い社会人、また、日本文化を総合的に学ぼうという留学生等のために開かれているインスティテュートです。