HOME > 教育・研究 > 学びの特色 > 法政大学のキャリア教育


法政大学のキャリア教育

「キャリアとは自分らしい生き方である」ととらえ、入学時から全学生を対象にキャリア形成をきめ細かくサポートできるようさまざまな支援を行っています。

 2003年に日本で初めてのキャリアデザインを専攻する学部「キャリアデザイン学部」を開設。また、2005年に、従来の就職部からキャリアセンターへと組織変更し、総合的なキャリア支援プログラムをスタートさせました。 

キャリアデザイン学部

日本で初めて開設された「キャリアデザイン」を専攻とする学部です。本学部では「キャリア」を職業を含めた「人の生涯・生き方」ととらえ、それを設計することが「キャリアデザイン」と考えています。人々の働き方や生き方がたえず変化し多様化している現在、自分自身のキャリアデザインはもとより、他者のキャリアデザインを支援する専門家が求められている背景のもと、開設されました。

文部科学省「平成24年度 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」選定の取り組み

「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」とは、産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が地域ごとにグループを形成して、地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体等と産学協働のための連携会議を設置して取組を実施することにより、社会的・職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組の充実を図る優れた大学グループの取組を国として支援するものです。

法政大学は「首都圏に立地する大学における産業界のニーズに対応した教育改善」事業に連携18大学とともに取り組んでいます。また、本学はその中の「社会的・職業的自立力の測定手法の開発」「産業界との連携による人材育成プログラムの開発」の二つのテーマでオーガナイザー大学として事業を展開しています。

「産学連携3D教育プロジェクト」

本学独自の取組みとして「産学連携3D教育プロジェクト」を開始しました。これは「就業力を育てる3ステップシステム」の内容を発展させ、さらに従来の教員による学生の教育・指導に、産業界の知見やニーズを反映した教育手法を組み合わせることによって、4年間の教育を「立体的に」展開しようという試みです。

取組概要

詳細情報

文部科学省「大学生の就業力育成支援事業」選定取り組み

「大学生の就業力育成支援事業」は、大学・短期大学において、大学内組織の有機的な連携による全学的な体制の下、入学から卒業までの間、実学的専門教育を含む体系的な指導を行うことを通じて、学生の卒業後の社会的・職業的自立が図られるよう、大学の教育改革の取組を国として支援するものです。

就業力を育てる3ステップシステム

本学では就業力を(a)文書作成力、(b)情報収集・分析力、(c)状況判断・行動力の3点からとらえ、高校生から大学4年生までを「気づき」「成長」「発展」の3段階(3ステップ)に分けて自立型人材を育成していきます。
Step1(大学入学前)では、高校・大学連携プログラムなどを通じて、大学で勉強することの意義や大学での勉強を自分自身の就業力育成とどう結びつけるのかを考え、大学への進路意識を明確にしていきます。
Step2(大学1・2年)では、キャリア形成に特化した教養科目やキャリアセンターのキャリア形成プログラム等により、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力など社会人として必要とされる基礎的能力を養成していきます。
そして、Step3(大学3・4年)では、さまざまな授業や講座を通して、職業に対する理解を深め、社会人として必要な知識を身につけることを目標としています。

取組概要

キャリアセンターのキャリア形成支援

法政大学キャリアセンターでは、キャリア形成支援を、3年次から始まる就職活動支援という狭い概念に限定せず、入学時から全学年を対象にきめ細かくキャリア形成をサポートしています。
就職活動では、充実した大学生活を送ったか、社会人として活動できる「人間力」を備えているかが厳しく見極められます。
「自分らしい生き方とは何か」をしっかりと考え、それを希望の進路に結び付けていくために、キャリアセンターは全力で支援しています。

低学年からのキャリア形成支援

1年生から参加できるプログラムを用意して、「働くこと」「仕事について」「社会とは」「自分とは」などについて、低学年から考える機会を提供しています。
大学生活を充実したものにし、また将来の自分の生活設計のイメージや、デザインを考えるためのアドバイスやサポートを行っています。キャリアカフェでは、常時キャリアアドバイザーが待機し、気軽に、しかもゆったりとした雰囲気の中、学生のさまざまな相談に応えています。

1年生から参加できるプログラム

  • インターンシップ(約2週間の就業体験)
  • マナー講座
  • はじめの1歩シリーズ(自分発見講座、キャリア研究講座、仕事研究講座、社会研究講座、自己理解講座)
  • 社会人と「仕事」を考えるセミナー
  • Tea Time(先輩学生や教員との懇談会)

さまざまな形で社会と触れ合えるような機会を提供しており、自分の興味・関心に合わせて、自由に参加できます。
このほか、学外専門学校の協力を得て「公務員試験対策講座」を格安の価格で提供しています。

高学年(3~4年生・大学院修士)の就職活動支援

日常的な就職相談はもちろんのこと、3年生の就職ガイダンスを皮切りに、さまざまな形で就職活動を支援する企画・イベントを用意しています。学生の持っている資質・能力を最大限に引き出すことができるようなサポート体制をとっています。

主に高学年向けのプログラム

  • 就職ガイダンス
  • 就職マナー講座
  • 女子学生セミナー
  • 内定者(4年生による)報告会
  • エントリーシート・フォローガイダンス
  • 業界研究会第一線で活躍中のOB・OGと語る会
  • 模擬面接会
  • キャリアフォーラム(銀行・商社・生損保・メーカー研究会)
  • 学内合同企業説明会
  • 公務員採用説明会
  • プレ社会人のための知っトク講座