HOME > 教育・研究 > 教育プロジェクト > 「21世紀社会のリーダー育成」助成金(2013年度まで)


「21世紀社会のリーダー育成」助成金(2013年度まで)

大学で指定する分野等に取り組んでいるゼミナールに活動費の一部を補助し、その活動を通じて、参加した学生を人間力豊かな自立型人材として育成し、卒業後も活躍していくことを目指します。

(2010年度までは「地域リーダー育成」助成金)

趣旨

「21世紀社会のリーダー育成」助成金(2011年度以降)

法政大学は、特色ある高度な教育や研究を進めていくとともに、優れた資質を持つ学生の勉学とボランティアやスポーツ等の多様な活動に対する積極的な支援、さらにこれら諸活動の拠点やインフラとしての戦略的ネットワーク組織や各種施設の整備など、リーディング・ユニバーシティにふさわしい教育・研究体制と戦略ならびに組織を整えることを目的とし、「リーディング・ユニバーシティ募金」という形で多くの寄付を頂戴しています。
本学はミッションの一つとして、「自由と進歩」の建学の精神に基づき、激動する21世紀の難局を打開できる「自立的で人間力豊かなリーダーの育成」を掲げています。
そのミッションのもと、「リーディング・ユニバーシティ募金」事業計画の一環として、「環境」、「教育」、「歴史」、「心理」、「人権」、「文化・芸術」、「映像」、「異文化交流」、「スポーツ」、「キャリア形成」、「生涯学習」、「情報・システム」、「地域連携」、「まちづくり」、「ウェルビーイング」、「総合デザイン」、「防災・復興」等の分野において、教育課程を通じた社会貢献を支援・推進する「21世紀社会のリーダー育成」の支援事業を行います。
ここで言う「21世紀社会のリーダー」とは、現代の様々な社会問題における課題を発見し、それを調査・分析した上で、主体的に行動し、その結果をきちんと検証するという一連の活動を通じ、確固たる自己と物事を判断する尺度を得て、21世紀の難局を打開するための自由な発想ができる自立性と人間性を備えることができた人材を指します。具体的には、上述の分野等に取り組んでいるゼミナールに活動費の一部を補助し、その活動を通じて、参加した学生を人間力豊かな自立型人材として育成し、卒業後も活躍していくことを目指します。

「地域リーダー育成」助成金(~2010年度まで)

法政大学は、特色ある高度な教育や研究を進めていくとともに、優れた資質を持つ学生の勉学とボランティアやスポーツ等の多様な活動に対する積極的な支援、さらにこれら諸活動の拠点やインフラとしての戦略的ネットワーク組織や各種施設の整備など、リーディング・ユニバーシティにふさわしい教育・研究体制と戦略ならびに組織を整えることを目的とし、「リーディング・ユニバーシティ募金」という形で多くの寄付を頂戴しています。
その「リーディング・ユニバーシティ募金」事業計画の一環として、全国各地における「まちづくり」および地域活性化を支援・推進し、積極的に地域への貢献を行う「地域リーダー育成」助成金事業を行ってきました。

対象

専任及び兼任教員のゼミナール(学部のみ)

助成金交付額

1ゼミナールにつき、年間40万円を上限に助成、採用件数は、5件程度。

中間報告会

10月下旬から11月上旬に中間報告会を実施します(助成金給付ゼミナールは参加必須)。

  1. 報告内容
    (1)担当教員(出席必須)から、申請時の達成指標に基づいた到達目標の見通しと現状の助成金の使用状況(収支等)を報告。
    (2)担当教員のコーディネートのもと、学生から活動内容等について報告。
  2. 各ゼミナールの報告終了後、質疑応答と審査委員会から講評。
  3. 各ゼミナールの発表時間は、上記1.(1)と(2)を併せて20分、質疑応答と講評等の時間は10分の予定。

活動概要・報告書