HOME > 教育・研究 > 研究所・センター > 沖縄文化研究所


沖縄文化研究所

沖縄を中心に琉球列島と東北アジア、東南アジア諸国の文化、歴史、言語について、総合的な比較研究を行う

沖縄文化研究所所は、沖縄が本土に復帰した1972年に設立されました。琉球弧(奄美・沖縄・宮古・八重山)の文化をその周辺地域の中に位置づけ、歴史学、言語学、民俗(民族)学、文学、考古学などの諸分野から総合的に研究し、その特質を明らかにすることを目的にしています。現代では、沖縄研究の拠点として、国内外の研究者を結ぶ情報ネットワークセンターとしての役割も果たしています。
研究所では、琉球弧の調査活動を活発に展開するとともに、定期刊行物として、紀要『沖縄文化研究』、琉球語を記録するための『琉球の方言』、沖縄研究にとって貴重な史資料を収録する『沖縄研究資料』、研究所の活動の紹介や研究の情報交換を目的とする『沖縄文化研究所所報』を発行しています。

基本情報

設立年 1972年
所在地 住所:千代田区富士見2-17-1(市ケ谷キャンパス内)
ボアソナード・タワー 21階
連絡先:okiken@adm.hosei.ac.jp
開館/利用可能時間  月・水・金
9:10~20:00
火・木
9:10~16:00
昼休閉室
11:30~12:30
※但し、夏・冬・春季休暇中は16時まで。なお土日、祝日以外で入学試験等による、臨時閉室があります。