産官学連携

企業(産)や政府・自治体・地域(官)と連携し、法政大学の研究の成果を社会にいかし、貢献する産官学連携事業への取り組みを紹介します。

研究開発センター

企業や国・自治体との産官学連携を促進するため、研究開発センター、とくにリエゾン・オフィスの体制を強化し、寄附講座を開設したり、知的資産所有権に関わる規程の整備に取り組むとともに、教員の研究内容や設置されている設備等をホームページや冊子を通して公開し、受託研究や寄付研究を促進しています。

台東区と連携してコンサルティング業務を実施

台東サテライトオフィス

台東サテライトオフィス

台東区と協力協定を締結し、「中小企業総合コンサルティングネットワーク」を推進しています。台東サテライトオフィスを設置、台東区内の中小企業のマーケティング、ブランド構築、製品開発、販路開拓などの相談に対して、助言や提案を行っています。

日本商工会議所との提携によるキャリア支援の強化

本学は、2005年12月に、日本商工会議所と連携事業に関する「基本合意書」を締結。学生のキャリアアップ支援および職業資格取得支援に関する連携事業について、両者が協力して産業界のニーズに対応したキャリアアップ教育、能力評価、就業支援をワンセットで取り組むとともに、地域づくりにも貢献できる人材の育成を目指しています。
商工会議所の各種資格講座、セミナー、検定試験制度などと本学キャリアセンターのキャリア形成支援を連携させ、学生の就職活動を支援しています。
また、日本商工会議所とはキャリア支援だけでなく、地域研究センターを中心に地域活性化に向けた連携も行っています。当センターがこれまでに蓄積してきた「地域政策」「産業振興」「中小企業支援」などに関するノウハウや人材を生かした各地のまちづくりへの参加、および協力支援を実施。日本商工会議所との共催で、まちづくり公開セミナーを開催。商工会議所関係者のほか、自治体、企業、シンクタンク研究員、学生が参加しました。

その他商工会議所との連携

東京商工会議所との連携

「まちづくり」「地域活性化」「産業振興」などについて協力関係がスタートしました。
今後、本格的な事業を展開するために、大学と地域との連携や商店街との連携に関する情報交換会を定期的に行っています。

東京商工会議所千代田支部≪edo-valley大学講座≫との連携

千代田区とその周辺(秋葉原・神田・丸の内の3エリア)を結び、都市産業創造の象徴的ゾーンと位置づけ、周辺の地場産業のあり方を見直し、技術・知識・文化が融合した新しい都心再生のパワーエンジンとする提案がなされています。法政大学はこの主旨に賛同し、本学教員による「産業観光としての千代田区の可能性」というテーマでの講演を行いました。

横須賀商工会議所との連携

横須賀商工会議所(横須賀市経済部)からの受託業務として、「よこすか中小企業経営大学校」を開講。中小企業経営者を対象として、戦略、管理、マーケティング、人材育成、情報化、経理・財務、組織、産官学や他企業との連携、などに関するセミナーを開催しています。

町田商工会議所との連携

商工業活性化基本計画策定委員会への協力、町田市産業祭への参加、商工会議所主催セミナーへの講師派遣などを通して、地域との連携に取り組んでいます。

(財)海外投融資情報財団と経済ビジネス分野において提携

2006年6月に、(財)海外投融資情報財団(JOI)と、経済ビジネス分野に関する相互交流協定を締結。学術研究および教育の発展、ならびに大学と実業界との相互交流を目的とし、それぞれの自主性に基づき相互協力を推進しています。
(財)海外投融資情報財団は、財務省所管の財団法人であり、200社以上にのぼる国内企業や外国の提携機関とのネットワークを通じて、日本と諸外国との経済交流の促進に寄与している団体であり、相互交流を深めることにより、双方のグローバルな理論展開と調査研究成果を活用した大規模な国際シンポジウムやセミナーを定期的に共催する予定です。
本学では、この協定締結を契機に、「開かれた法政21」のビジョンにふさわしい産学官連携の新たなモデルケースとして、さらなる社会貢献活動の進展を目指していきます。