HOME > 教育・研究 > 学部 > 経済学部


経済学部

4年間一貫教育と特色あるゼミ教育

経済学とは、経済の仕組みと法則を研究する学問です。経済現象や経済問題を体系的に解明し、政策提言できることが経済学の特徴です。現代社会はグローバル化・情報化の中で高度化・複雑化しており、日本と諸外国とが抱えている諸問題には、政治・社会・文化をも巻き込み多くの要因が絡み合っています。
経済学部では、このように複雑に見える諸問題を的確にとらえる力、そして、それらの問題を解決する力を備え、グローバル化、情報化、高度化・複雑化した企業、経済のダイナミックスに即応できる経済人の育成を目指しています。
このために、法政大学経済学部では、経済学科、国際経済学科、現代ビジネス学科の3つの学科を設けて、よりきめ細やかな教育を提供できるようにしています。いずれの学科も、基礎から応用までが自然に身に付くように、柔軟かつ体系的にカリキュラムを編成しています。経済学科では、現実の社会システムを経済学の知識と思考方法にもとづいて的確に把握し、環境や文化といった広範なテーマも含めて、現代の政策課題を解決できる人材の育成を目指し、また、国際経済学科では、地球市民としての自覚を持ち、なおかつ国際経済の担い手としての能力と責任感をもって、民間企業や政府機関、NPO(非営利団体)などで国際業務を遂行できる人材の育成を目指し、そして、現代ビジネス学科では、マクロ経済や産業構造の変化が個々の企業に与える影響を分析し、その成果を現実のビジネスに活用できる人材、および企業会計などの専門知識をベースとして企業経営にアドバイスできる人材の育成を目指したカリキュラム編成になっています。
近年、学生各々の研究課題は、多様な経済社会を反映してさまざまな論題に広がっています。法政大学経済学部の特徴として、2年次から4年次までの3年間を通じてじっくり研究できようゼミナールを履修できること、そして、各々の学生の研究ニーズに対応できるよう60以上のゼミナールが用意されていることも指摘できます。

学科
  • 経済学科
  • 国際経済学科
  • 現代ビジネス学科
開設年 1920年
所在地 多摩キャンパス