HOME > 教育・研究 > 学部 > デザイン工学部


デザイン工学部

感性を、産業界や社会に生かせる学び

デザイン工学部における教育の目的は、従来の工学基礎の教育に軸足を置きながら、それらを基盤として他の分野との知識の融合による「正しい価値を創造しデザインする工学」として総合デザイン力を養成することにあります。これは、従来の専門知識の提供を主体とする工学教育とは異なり、個別技術や幅広い知識を組み合わせながら幅広い観点からデザインする能力、さらにはそのデザインの目標であるコンセプトもデザインする能力を養成することを意味します。なお、すべての人工物は人間社会と共存することを認識し、そこに違和感なく受け入れられる審美的な面も考慮しなければなりません。すなわち、本学部では幅広い観点からの問題解決能力をもち、人間中心で環境に配慮した審美的なシステムをデザインする能力を身につけ、多様化・複雑化した新しい時代に対応できる人材を育成することを目的としております。 

学科
  • 建築学科
  • 都市環境デザイン工学科
  • システムデザイン学科
開設年 2007年
所在地 市ケ谷キャンパス(市ケ谷田町校舎)