HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 重量挙部 > ニュース > 第61回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会 本大会では2階級制覇、団体は準優勝


第61回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会 本大会では2階級制覇、団体は準優勝

2015年12月21日

平仲選手

有終の美を飾った、平仲主将(写真提供:スポーツ法政新聞会)

第61回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会の結果をご報告します。
団体では日大に及ばず、惜しくも準優勝となりましたが、
85kg級の平仲選手は最後の大会で優勝を決め、
94kg級の赤松選手は大会新記録で優勝し、インカレ2連覇を達成しました。

【日程】2015年12月18日(金)~20日(日)

【会場】スポーツ総合センター(埼玉県上尾市)

【結果】
団体:準優勝(合計得点133点)

階級 成績 選手名 トータル スナッチ クリーン&ジャーク
77kg級 2位 平良 勇祐(経営・4年) 299 133 166
77kg級 3位 篠原 航平(文・3年) 290 126 164
85kg級 優勝 平仲 浩也(法・4年) 310 139 171
85kg級 6位 新海 裕輝(CD・3年) 292 126 166
94kg級 優勝 赤松 哲郎(CD・3年) 330(大会新) 153(大学新) 177
105kg級 4位 奥瀬 大輔(法・3年) 310 145 165
+105kg級 4位 野中 雅浩(CD・1年) 347 150 197
+105kg級 5位 比嘉 翔矢(環境・3年) 332 141 191


今後とも、重量挙部へのご声援をよろしくお願いします。

赤松選手

大会新で2連覇を達成した赤松選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)

77㎏級

77㎏級の平良選手(写真左)と篠原選手(写真右)(写真提供:スポーツ法政新聞会)