HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 重量挙部 > ニュース > 第59回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会で比嘉選手と玉城選手が優勝


第59回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会で比嘉選手が優勝、玉城選手は大会2連覇達成!

2013年12月02日

第59回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会(1部)の結果をお知らせします。
団体では日大に及ばず、インカレ3連覇は達成できませんでしたが
+105kg級の玉城選手が昨年に引き続き優勝しインカレ2連覇達成、85kg級の比嘉選手も優勝を決め
4年生2名が最後の試合を有終の美で飾りました。

【日程】2013年11月29日(金)~30日(土)
【会場】埼玉県さいたま市記念総合体育館
【結果】
団体戦:準優勝(合計得点119)

個人戦

階級 成績 選手名 トータル スナッチ クリーン&ジャーク
69kg級 6位 篠原 航平(文1年) 265kg 115kg 150kg
77kg級 3位 平良 勇祐(経営2年) 281kg 125kg 156kg
85kg級 優勝 比嘉 貴大 (経営4位) 317kg 141kg 176kg
85kg級 4位 平仲 浩也(法2年) 294kg 136kg 158kg
94kg級 3位 木野 英(文3年) 298kg 132kg 166kg
94kg級 7位 赤松 哲郎(CD1年) 293kg 135kg 158kg
+105kg級 優勝 玉城 安剛(法4年) 349kg 156kg 193kg
+105kg級 5位 山本 翔也(法3年) 312kg 136kg 176kg


今後とも体育会重量挙部へのご声援をお願いします。

tamaki

インカレ2連覇を達成した玉城選手(画像提供:スポーツ法政新聞会)

higa

6本の試技全てを成功し優勝を決めた比嘉選手(画像提供:スポーツ法政新聞会)