HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > バドミントン部 > ニュース > 第63回全日本学生バドミントン選手権大会の女子ダブルスで田中・市丸ペアが優勝、団体の部で男女ともに準優勝


第63回全日本学生バドミントン選手権大会の女子ダブルスで田中・市丸ペアが優勝、団体の部では男女ともに準優勝

2012年10月26日

bado

田中選手(左)・市丸選手(右)

  秩父宮・秩父宮妃杯争奪 第63回全日本学生バドミントン選手権大会の女子ダブルスで、田中志穂(国際文化・2年)・市丸美里 (キャリアデザイン・2年)ペアが優勝しました。活動を始めてわずか6年の女子部門は、インカレでは、過去2回の団体優勝に加え、今回初の個人戦タイトルを獲得しました。

 男女とも毎年決勝戦に顔を出してきた団体戦ですが、今年は日体大に惜敗し、準優勝となりました。しかしながら、男女とも多くの部員が個人戦ベスト16まで残り、来季優勝が十分期待できます。

 高校総体ダブルス優勝の強豪ペアの田中選手、市丸選手ですが、2年生にして大学タイトルをも手にしました。二人は、「連覇を目指して、今後もがんばります」と力強く語ってくれました。来月韓国で開催の第12回世界学生バドミントン選手権日本代表にも選出されており、この大会での活躍も期待されます。

今大会と本学の主な戦績については以下の通りとなっています。

【開催期間】 2012年10月19日(金)~25日(木)
【開催会場】 グリーンアリーナ神戸ほか (兵庫県・神戸市)


【男子個人成績】
[シングルス]  ベスト4 堀内研人(経済・2年)
          ベスト8 間瀬俊介(社会・2年)

[ダブルス]   ベスト8 間瀬俊介・尾野拓郎(経済・3年)ペア

【女子個人成績】
[シングルス] ベスト4 北はるな(法・4年)  ベスト4 田中志穂         
[ダブルス]    優勝    田中志穂・市丸美里ペア
        
【男子団体成績】
1回戦      法政大学 3-0 九州大学 
2回戦    法政大学 3-0 関西学院大学
準々決勝     法政大学 3-1 中央大学
準決勝    法政大学 3-0 立命館大学
決 勝    法政大学 2-3 日本体育大学

準優勝 法政大学男子バドミントン部

【女子団体成績】
1回戦     法政大学 3-0 滋賀短期大学
2回戦     法政大学 3-1 関西大学
準々決勝  法政大学 3-0 早稲田大学
準決勝   法政大学 3-0 東海学院大学
決勝     法政大学 1-3 日本体育大学

準優勝 法政大学女子バドミントン部
 

今後とも本学バドミントン部へのご声援を宜しくお願いします。