HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > フェンシング部 > ニュース > 2017世界選手権大会 西藤俊哉選手(法学部2年)が銀メダル、敷根崇裕選手(法学部2年)が銅メダル


2017世界選手権大会 西藤俊哉選手(法学部2年)が銀メダル、敷根崇裕選手(法学部2年)が銅メダル

2017年07月25日

中央左:敷根選手 中央右:西藤選手(写真提供:フェンシング部)

中央左:敷根選手 中央右:西藤選手(写真提供:フェンシング部)


ドイツ連邦共和国 ライプツィヒ市で行われている、2017世界選手権大会で、西藤俊哉選手(法学部2年)が銀メダル、敷根崇裕選手(法学部2年)が銅メダルを獲得しましたのでお知らせします。

【日時】 2017年7月23日

【開催地】 ライプツィヒ・アリーナ(ドイツ)

【結果】
男子フルーレ 個人
2位  西藤俊哉
3位  敷根崇裕
27位 鈴村健太(法学部1年)

女子サーブル 個人
7位  福島史帆実(法学部4年)


今後の活躍にご期待下さい。