HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > フェンシング部 > ニュース > 世界ジュニアカデ選手権大会にて、敷根崇裕選手(法学部1年)、西藤俊哉選手(法学部1年)が金メダルを獲得しました


世界ジュニアカデ選手権大会にて、敷根崇裕選手(法学部1年)、西藤俊哉選手(法学部1年)が金メダルを獲得しました

2016年04月12日

フランス共和国ブールジュ市にて開催された世界ジュニアカデ選手権大会の結果をお知らせします。
男子フルーレ個人で、敷根崇裕選手(法・1年)が見事優勝を飾りました。
また、男子フルーレ団体には本学より敷根選手と西藤俊哉選手(法・1年)の2名が出場し、こちらも日本チームが優勝する快挙を達成しました。

【日程】
2016年4月1日~10日
【開催地】
フランス共和国ブルージュ市
【結果】
男子フルーレ
敷根 崇裕
 個人 優勝
 団体 優勝
西藤 俊哉
 個人 29位
 団体 優勝

男子サーブル
星野 剣斗(経営・1年)
 個人 87位
 団体 7位

男子エペ
中村 豪(人間環境・2年)
 個人 56位
 団体 10位

女子エペ
富永 恵美(法・2年)
 個人 50位
 団体 14位
村上 久美(国際文化・2年)
 個人 74位
 団体 14位

5月には関東学生リーグ戦も開催されます。
今後ともフェンシング部の活躍にご期待ください。