HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > フェンシング部 > ニュース > 関東学生リーグ戦(男子エペ・女子サーブル)


関東学生リーグ戦(男子エペ・女子サーブル)

2013年05月28日

関東学生リーグ戦(男子エペ・女子サーブル)の結果をご報告致します。

この戦いをもって春のリーグ戦は終了しました。

男子はフルーレで2位、サーブルで優勝、エペで3位の成績を収め、7年連続30回目の総合優勝を勝ち取りました。
この結果により、6月の学生王座決定戦は全種目での出場が決定しました。

女子は主力選手が怪我や海外遠征により出場できず苦戦を強いられる面もありましたが、各選手の活躍により、今後の成長が期待できる成果を残しました。


日程:2013年5月23日~24日
会場:駒沢公園屋内球技場


【結果(出場選手・得点と勝敗・順位)】
男子エペ

鈴木 理来(文4年)
吉田 玲(文4年)
吉沢 有紀(文3年)
加藤 祥(経営3年)
村越 優希(文2年)
●40-41 早稲田大学
●39-45 日本大学
○45-28 中央大学
○45-32 日本体育大学
○45-37 専修大学 
3位 


女子サーブル

栗本 ひかる(社会2年)
中島 春世(国際文化2年)
久良知 美帆(法2年)
緒方 渚(国際文化1年) 
●22-45 専修大学
○45-23 日本体育大学
●20-45 日本大学
●30-45 日本女子体育大学
●20-45 早稲田大学 
5位 


皆様の熱いご声援、有難うございました。

鈴木選手、勝利のガッツポーズ

鈴木選手、勝利のガッツポーズ(写真提供:スポーツ法政新聞会)

長い戦いが終わりました

長い戦いが終わりました(写真提供:スポーツ法政新聞会)