HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 第21回アジア陸上競技選手権大会(2015/武漢)の結果  男子4×400mで銅メダル(大瀬戸一馬選手がチームに貢献)


第21回アジア陸上競技選手権大会(2015/武漢)の結果  男子4×400mで銅メダル(大瀬戸一馬選手がチームに貢献)

2015年06月08日

第21回アジア陸上競技選手権大会(2015/武漢)の結果をお知らせいたします。
本学からは大瀬戸一馬選手(スポーツ健康学部3年)が短距離代表として出場、男子4×400mでは
第3走を務めチームに貢献、銅メダルとなりました。

大会期間    2015年6月3日(水)~6月7日(日)
開催地      武漢市(中華人民共和国)

結果
試合日     2015年6月3日(水)
男子100m予選    大瀬戸一馬(スポーツ健康学部3年)     2組3着    10.62    準決勝進出
   〃   準決勝          〃                  4組3着    10.45         敗退
残念ながら決勝進出はなりませんでした。

試合日時    2015年6月7日(日)
男子4×400m決勝    ウオルシュ ・金丸(本学OB)・大瀬戸一馬・北川    3位(銅メダル)    3:03.47    


今後とも大瀬戸選手ならびに陸上競技部への応援をよろしくお願いいたします。