HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 金井大旺選手が110mハードル予選通過  第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会予選の結果


金井大旺選手が110mハードル予選通過  第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会予選の結果

2014年07月23日

第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会が、ユージーン(アメリカ合衆国)で始まりました。
本学からは金井大旺選手(スポーツ健康学部1年)が、110mハードル代表として出場しています。
本大会での記録更新なるか、活躍にご注目下さい。



開催期間     2014年7月22日~7月27日(現地時間)

開催場所     ユージーン市(アメリカ合衆国・オレゴン州)

種目        110mハードル予選
出場選手     金井大旺(スポーツ健康学部1年)
試合日時     7月22日  11:35(現地時間)

結果        7組    3着    13.81(99.0㎝のハードルを採用)
* 金井選手の自己ベストは13.33