HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 本学学生・OBが銀メダル2・銅メダル2を獲得-第20回アジア大会閉幕


本学学生・OBが銀メダル2・銅メダル2を獲得-第20回アジア大会閉幕

2013年07月08日

第20回アジア陸上競技選手権大会が5日間の日程を終え閉幕しました。
最終日の7月7日の記録と合わせて、今大会の本学関係選手の成績を改めてお知らせいたします。

【7月7日(日)最終日の結果】
200m決勝  小林雄一(OB・NTN)  21秒02(+0.7m/S)  5位

【最終結果】
男子110mハードル決勝  矢澤 航(社会学部4年)  13秒88(+0.1m/S)  3位

男子4×100mリレー決勝  (小林・大瀬戸・高瀬・川面)   39秒11  2位
     * 小林雄一(OB・NTN)   大瀬戸一馬(スポーツ健康学部1年)

男子4×400mリレー決勝  (石塚・金丸・渡邊・廣瀬)  3分04秒46  2位
     * (OB・大塚製薬)

男子400m決勝    金丸祐三(OB・大塚製薬)   45秒95  3位

今後開催される世界陸上、東アジア選手権にもご注目、ご声援をよろしくお願いいたします。