HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 日本陸上競技選手権110mHで矢澤選手が優勝しました


日本陸上競技選手権110mHで矢澤選手が優勝しました

2013年06月12日

矢澤航選手が110mハードルで優勝!
昨年の屈辱を見事に晴らす結果となりました。
世界陸上の代表選考も兼ねている第97回日本陸上競技選手権大会に本学から6名がエントリー、矢澤選手の優勝を筆頭に、各選手ともに健闘いたしました。

【第97回日本陸上競技選手権大会】
期 間 6月7日~6月9日
会 場 東京都・味の素スタジアム
結 果
男子110mH 矢澤 航(社会学部4年) 優勝 13.59                
男子100m  大瀬戸 一馬(スポーツ健康学部1年) 6位 10.36
女子三段跳  坂本 絵梨(スポーツ健康学部4年) 7位 12m62

男子200m  小林 靖典(社会学部4年) 予選2組5着 21.39
男子400mH 前野 景(経済学部4年) 予選4組7着 52.38

男子400m   金丸 祐三(2010年9月現代福祉学部卒・大塚製薬) 優勝 45.56
男子200m   小林 雄一(2012年3月経済学部卒・NTN) 2位 20.46
男子400mH  岸本 鷹幸(2013年3月経済学部卒・富士通) 優勝 49.08
男子10000m 圓井 彰彦(2007年3月社会学部卒・マツダ) 6位 28:29.36
男子三段跳   梶川 洋平(2006年3月経済学部卒・川崎市陸協) 優勝 16m36
男子砲丸投   山田 壮太郎(2010年3月現代福祉学部卒・相模原市陸協) 2位 17m89
        
日本陸上競技選手権大会の結果を受けて、次の現役部員およびOBが国際大会に出場することになりました。

【第20回アジア陸上競技選手権大会】
期 間 7月3日~7月7日
開催地 インド・プネー 
出場種目
短距離 大瀬戸 一馬、金丸 祐三、小林 雄一
ハードル 矢澤 航

【第14回世界陸上競技選手権大会】
期 間 8月10日~8月18日
開催地 ロシア・モスクワ 
出場種目
短距離 金丸 祐三、小林 雄一
ハードル 岸本 鷹幸

【第6回東アジア競技大会】 
期 間 10月9日~10月12日
開催地 中国・天津
出場種目
短距離 大瀬戸 一馬
ハードル 矢澤 航

陸上競技部員およびOBの活躍にご期待ください。

矢澤選手

(画像提供:スポーツ法政新聞会)