HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 陸上競技部箱根駅伝出場・ラグビー部大学選手権出場壮行会が開かれる


陸上競技部箱根駅伝出場・ラグビー部大学選手権出場壮行会が開かれる

2012年11月29日

 箱根駅伝への出場が決定した陸上競技部と、ラグビー大学選手権への出場が決定したラグビー部の活躍を期待して、2012年11月29日(木)の昼休み(12:40-13:30)に、多摩キャンパス円形広場前で、壮行会が開催された。
 会場の円形広場奥の掲示板には、八王子いちょう祭り(11月17日開催)に設置された駅伝ブースで、多くの市民から寄せられた法政大学への応援メッセージが展示された。また、会場の横では、壮行会参加学生に対して、体育会学生の手で豚汁がふるまわれた(具材提供は新東京食堂)。
 最初はチアリーダー・応援団のパフォーマンス。応援歌「チャンス法政」の演舞の際に、CDの音楽が途切れるアクシデントがあったが、応援団リーダー部の即興「口カラオケ」で乗り切り、会場を盛り上げた。
 その後、陸上競技部・ラグビー部の選手紹介。陸上競技部は主務の太田千帆充さん(社会学部4年)、ラグビー部は副務の鈴木智丈さん(経済学部3年)より、選手が紹介された。
 多摩学生センター長の増田正人教授(社会学部)から祝辞を受け、陸上競技部を代表して賀上弘基さん(経済学部4年)、ラグビー部を代表して鎌田隼綺さん(経済学部4年)より、大会に向けての決意を語ってもらった。
 応援団のリードによる校歌斉唱・エールの後に、保健体育部清水次長より閉会の挨拶。陸上競技部・ラグビー部の他に、テニス部・準硬式野球部・バドミントン部が全国大会等で優秀な成績をあげていることが紹介された。
 箱根駅伝は3年ぶりの出場とあって、200人近くの学生・教職員に応援にかけつけてくれた壮行会だが、野球でも7季ぶりに六大学野球で優勝し、このところやや低迷気味だった法政スポーツ、2012年度は良い一年で終わりそうである。
 今年度の体育会活動をきっかけにして、あまり体育会に関心のない学生の皆さんにも、法政大学体育会へのご声援をお願いする次第である。

応援団のアトラクション

チアリーダーのアトラクション

陸上競技部の選手紹介

ラフビー部の選手紹介

陸上競技部の決意表明

ラグビー部の決意表明

学生にが豚汁がふるまわれた

市民から寄せられた応援メッセージ