HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > ラグビー部 > ニュース > ジュニア・ジャパン「ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2015」の結果


ジュニア・ジャパン「ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2015」の結果 

2015年04月01日

ジュニア・ジャパン「ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2015」の結果をお知らせいたします。
本学からは東川寛史(経済学部1年)・尾﨑達洋(社会学部1年)・斉田倫輝(経済学部1年)の3名が選出されました。
また4月入学の金井大雪選手(深谷高校)も選出されています。
全試合を無事終了、日本は出場6チーム中の6位でした。今後の4選手の活躍が楽しみです。


開催期間    2015年3月10日(火)~3月23日(月)    

試合会場    ANZスタジアム(フィジー共和国)

結果
3月10日(火)    13:00キックオフ(日本時間午前10時)

    ジュニア・ジャパン       17 - 69           カナダA 

東川選手・尾﨑選手がウィングとして出場(尾﨑選手は後半途中交代)しました。


3月14日(土)    15:00キックオフ(日本時間正午)

   ジュニア・ジャパン    0 - 83         フイジーウォリアーズ(フィジーA)

尾﨑選手がフルバックとして(フル出場)・斉田選手がロックとして(後半)出場しました。
金井選手はスタンドオフとして(後半24分まで)出場


3月18日(水)     13:00キックオフ(日本時間午前10時)

ジュニア・ジャパン 24 - 60 トンガA

東川選手・尾﨑選手がフル出場、斉田選手は後半17分途中出場

3月23日(月)    13:00キックオフ(日本時間午前10時)

ジュニア・ジャパン 24 -43 トンガA

斉田選手・金井選手・東川選手はフル出場、尾﨑選手は後半7分交代


今後も若手選手育成プログラム「ジュニア・ジャパン」にご注目下さい。ラグビー部への応援もよろしくお願いいたします。