HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > バレーボール部 > ニュース > バレー部OBの木村築選手が東アジア地区男子選手権大会優勝に貢献しました


バレー部OBの木村築選手が東アジア地区男子選手権大会優勝に貢献しました

2015年05月21日

2015東アジア地区男子選手権大会が5月10日から15日にかけて
モンゴルのウランバートルで開催されました。

大会には全日本ユニバーシアード男子チームが出場し、
コーチとして本学バレー部の濱口純一監督、
選手としてOBの木村築選手(デザイン工学研究科修士1年/FC東京)が
参加しました。

木村選手は、予選リーグから決勝戦までの全5試合にスタメン出場し、
持前の高い打点のスパイクや強烈なサーブで、日本の優勝に大きく貢献しました。


【予選リーグ】
  ○ 日本 3-0 北朝鮮
  ○ 日本 3-0 マカオ
  ○ 日本 3-0 チャイニーズタイペイ

【決勝】
  ○ 日本 3-0 モンゴル
  ○ 日本 3-0 チャイニーズタイペイ

東アジア地区男子選手権大会

全日本ユニバーシアード男子チーム

東アジア地区男子選手権大会

濱口監督と木村選手