HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > バレーボール部 > ニュース > 本学バレーボール部員が第16回アジアジュニア男子バレーボール選手権大会の優勝に貢献


本学バレーボール部員が第16回アジアジュニア男子バレーボール選手権大会の優勝に貢献

2012年10月10日

 第16回アジアジュニア男子バレーボール選手権大会2012が9月27日(木)から10月5日(金)にかけてイランのウルミーエ市にて開催されました。この大会には、本学バレーボール部部員生の池田隼平(経営学部・2年) が全日本ジュニア男子バレーボールチームの代表選手として参加しております。
 全日本ジュニアチームは大会を全勝で終え、アジアジュニア選手権優勝を果たしました。池田は途中出場ながら、活躍した準決勝のインド戦をはじめ全8試合中5試合に出場(ポジション:ウイングスパイカー)し、チームの優勝に貢献しました。


[予選グループB組]
大会第1日目(9月27日) ○日本(3対0)スリランカ● 池田出場試合
   第2日目(9月28日) ○日本(3対0)タイ● 池田出場試合
   第3日目(9月29日) ○日本(3対0)アフガニスタン● 池田出場試合

[順位決定予備戦]
大会第4日目(9月30日) ○日本(3対0)韓国●
   第5日目(10月1日) ○日本(3対0)中国●


[準々決勝] 大会第6日目(10月3日) ○日本(3対0)オーストラリア● 

[準決勝]   大会第7日目(10月4日) ○日本(3対2)インド● 池田出場試合

[決勝]        大会第8日目(10月5日) ○日本(3対0)中国● 池田出場試合

【優勝】 全日本ジュニア男子バレーボールチーム